上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.03.18 巣立ちの日
ガーベラ

今日3月18日は、長男イチの卒園式でした。
3年間を想うと書きたいことはありすぎるから、グッとおさえて、
少しだけ・・・。

写真は幼稚園からもらったガーベラ。
最後に担任の先生が子どもを一人ずつギューっと抱きしめてから、
手渡ししてくれました。
ここの幼稚園は日常的に先生が子どもを抱きしめてくれます。
そして子どもたちも、たまにお迎えに行くだけの私なのに、
みんな「イチのおかあさ~ん!!」といって笑顔で手を振って
迎えてくれるんです。

式当日、よく晴れた朝、最後のバスで登園していったイチ。
次に会ったのは、式が始まり入場してくる時。
なんと1組の一番先頭で入場です。さすがのお調子者も
緊張の面持ちで(笑)
証書の授与も一番最初。大きな声で返事もできました。
先頭のプレッシャーは親にもドッカリと(笑)
朝から、なぜか着替え途中の父と息子はパンツ一丁で、
証書受け渡しの練習・・・どう見ても笑える画だけど、本人たちは
いたって大真面目。

式の最中はドキドキして、なかなか浸れず、号泣まではなかったけれど、
やっぱり「♪思い出のアルバム♪」ではホロリ。

証書授与 無事証書を受け取って席に戻るイチ


修了証書 証書とキラキラ笑顔満載な最高のアルバム☆


yutin家からのお花 yutin家のみんなからもらった白とブルーの爽やかな花束♪

ヤンチャでお調子者、体も声もデカくて目立つイチ。
先生やお友だちに迷惑をかけたことも少なくないのです。
こんな適当に生きている私でも、悩んだり落ち込んだりもしました。
そうなっても育児書の類は全然読まない、私ですが(汗)。
くしくもyutinブログで、子育ての難しさについて書いてありましたね、
私も同感です。誰でも手探りだし、本当にコレでいいのかどうか迷い
悩みながら進むものだと思います。

ただ、謝恩会で年少の頃からの写真がスクリーンに映し出された時、
色んなことが思い出されて、ちょっとセンチメンタルな気分になり(笑)
子どもは一瞬一秒も成長し続けてるのねぇ・・・と。
親がなくとも子は育つってやつです、きっと。
でも、親の気持ちを話して聞かせたり、自分の事で親が気持ちを揺らしているな、と分からせたりすることって、決して無駄では無いんじゃないかな、と。
子どもの心に「自分の事を見てくれている、思ってくれている」っていう
ベースがあれば、多少回り道は人格形成の肥やしとなるのだワハハ!!
な~んて笑顔で卒園できたので、気が大きくなっています(笑)

私は子育てのポリシーも持論も無いのだけれど、迷って悩んで壁にぶち当たって
乗り越えようともがいたりする過程こそが子育てそのものなのかな~?
と思いました。親も子もそうやって育っていくのかな~。
などと余裕な発言も、私とイチが周囲に恵まれ、先生、お友だち、ママたち、
みんなに暖かくしてきてもらえたからのだと思います。
小学校は、自立の一歩目。
今までとはまた違った、子育ての難題を持ってきてくれるのでしょうな・・・
(遠い目)。
ま、それはまた、いつかの日記で・・・。

幼稚園のみ~んなに、感謝感謝!!
涙と笑顔の謝恩会、本部役員&クラス委員のみなさんにもありがとう!
年長のみんな、卒園おめでとう!!


Secret

TrackBackURL
→http://kakkakeyblog.blog47.fc2.com/tb.php/21-3911c506
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。